Capital Medica

JP

EN

キャピタルメディカ STORIES

情報端末事業推進室インタビュー③(チームメンバーのキャリア編)

2回にわたり情報端末事業推進室の白水室長に、主に事業内容やビジョンに関して語ってもらいましたが、今回はチームメンバーである増川さん、城前さんのお二人にこれまでのキャリアについてと、キャピタルメディカへの入社動機についてインタビューしました。

左から:増川さん、城前さん

 

――まずは城前さん、これまでのご経歴を教えてください

大学を卒業後2年間、リクルートグループのリクルートスタッフィングという会社にいました。主に事業企画室というところでコールセンター向けのコンサルティングを行なう、新規事業立ち上げのためのフォローなどを行っていました。
会社の判断もあって事業が取りやめとなり、そのタイミングで一回目の転職をしました。

2社目がミスミという機械工業系の商社で、機械部品や電気部品の商品企画・開発
マーケティング全般を担っていました。

キャピタルメディカに来たのは1年前で、情報端末部に所屬、主に営業を担当しています。直接営業に加え、サービスを売るために必要なパートナー探しやパートナーの営業支援などを行っています。

――他業種からの転職とのことですが、キャピタルメディカへの入社の決め手は何だったのでしょうか?

前職まで一貫して、新規事業、新しいサービス、新商品開発などを行っており、そういった“新しいものをつくる”仕事が好きでした。それを少人数でやれるのが魅力的と思い、入社を決めました。

――なるほど、たしかに一貫していますね。では最後に、キャピタルメディカに入社してからの印象を教えてください!

キャピタルメディカは非常に組織がコンパクトで、チームにおいても組織全体においても意思決定がとてもスピーディでそこが魅力的だと思っています。医療分野は未経験でしたが特に苦労はありませんでした。業界の慣習などに馴染むのに3ヶ月から半年程度はかかりましたが、実際に顧客に触れていくなかで慣れていきますので心配はいりません。

――増川さん、これまでのご経歴を教えてください

 私は大学卒業後、人材派遣のスタッフサービスに入社しました。
そこで人事を1年、人材コーディネーターを1年半、広報宣伝部で1年半経験し、転職しました。人事異動が多かったので、色々経験できましたね。

人材コーディネーター時代は派遣スタッフへの仕事のアサインを行うメンバー9人のチームのマネージャーもしていました。
広報部門に異動してからスタッフサービスがリクルートに買収され、
広報部門が縮小ということになり、広報をもっとやっていたいと思い転職を決めました。

2社目はメイテックという設計・開発エンジニアに特化した派遣会社で広報部に所屬、社員役6000名をターゲットにしたWEB社内報、季刊誌社内報やPR、コーポレートサイトの作成・運営などを担当していました。
広報は“情報をデザインする”仕事で、その影響力がとても魅力的でした。
この広報時代に培われた考え方は、世の中色んな所に通じると思い、
情報をデザインする力を今後のキャリアに活かしたいと考えました。

――城前さん同様に増川さんも他業種からの転職なのですね。キャピタルメディカに興味をもたれたきっかけは何だったのでしょうか?

キャピタルメディカに興味をもったきっかけは、医療機関向け事業を行っているところです。患者さんだったり、入院している方のご家族だったりドクターだったりナースだったり、医療機関に関わるあらゆる人に対して、情報をデザインすることでもっとよりよいサービスを生み出せると思ったからです。情報端末事業推進室はまさに私にとって最適なチームでした。

――キャピタルメディカの印象を教えてください。

キャピタルメディカの強みは意思決定の迅速さにあると思っています。
それは一人ひとりがプロフェッショナルを目指しているからこそ起こる社風だと思います。
あとは、いい意味でも悪い意味でもフラットで意見が言いやすいところかな。
入る前よりもいい印象を持っています。

入る前は堅苦しい、ガチガチなイメージをもっていましたが、そういった日本古来特有の堅苦しさはまったくありません。外部の(会社の)良いところを積極的に取り入れているところも魅力ですね。

――最後に一言お願いします!

入ってみるとキャピタルメディカは学べることが非常に多い会社です。
世の中にないものを一緒に作っていきましょう。

Capital Medica