会社情報

経営理念

ビジョン

ヘルスケアの産業化

ミッション

変革を通じて医療・介護の
あるべき姿を実現する

行動指針

1. 他者を尊重しよう

私たちは、人としての価値や誠実さを大事にし、
多様性を受け入れ、周囲とフェアな関係を築きます。

2. 夢を構想化しよう

私たちは、ビジョン・ミッションの実現のため、
描いた目標から逆算して行動します。

3. 成果は情熱で決まる

私たちは、目的達成に向けて、
高邁な精神と熱量で最後までやりきります。

代表メッセージ

代表取締役 古川 淳

2005年に創業した当社は2020年に15周年の節目を迎えました。その頃、世界は100年ぶりとなる感染症のパンデミックに覆われ始めていました。

我々は、この感染症によってもたらされた未曾有の医療現場の混乱に、当初はただ立ち尽くすしかありませんでした。それでも行政からの患者受入れ要請に最大限応えるべく、感染症専門病棟開設へのコンサルテーションを6病院に実施し、民間病院初のコロナ専門病棟を開設することができました。

その経験を経て、改めて当社の存在価値を見つめ直し、我々が社会に貢献できることは何かを再定義させてもらいました。それはあらゆるステークスホルダーとの連携によって「ヘルスケアの産業化」を成し遂げることです。

キャピタルメディカグループでは、幅広いヘルスケアバリューチェーンを活かし、医療・介護の現場が抱える課題を解決し、行政やアカデミア、製薬企業や金融機関といった民間企業などとの超絶連携を通じてメディカル事業とシニア事業の成長を目指してまいります。

キャピタルメディカにおける健康経営

健康宣言

私たちキャピタルメディカは、医療・介護の現場と向き合い、地域医療および皆さまの健康で幸せな暮らしを支えることを目指しています。

そのために、共に働く仲間が心身ともに健康で最大限のパフォーマンスを発揮できることが重要と考えます。キャピタルメディカは、活力あふれる健康的な職場環境づくりに邁進します。

体制

取締役医師を筆頭とするメディカルアシスタンスユニットを中心に産業医や健康保険組合、人事総務部等と連携し、従業員の健康維持・増進のための活動を行っています。

毎月の経営会議にて、施策の実施状況を報告し、健康経営の推進体制を整備しています。
 

代表取締役 古川 淳