Capital Medica

JP

EN

社員紹介

ヘルスケア事業本部 医療機関運営・経営サポート担当Yuki K

患者さんや地域にも
貢献できるところもモチベーション

  • 医療機関の運営・経営には多くの専門分野がある
    病院の医事課職員として、旧総合病院からクリニックまで、様々な形態の医療機関で15 年間勤務してきました。病院の立ち上げから、クリニックの事務管理業務なども行い、レセプトはもちろん、患者サービスから病院経営の企画・実行まで幅広い業務を経験しました。次第に、医療機関経営のマネジメントのプロフェッショナルになりたいと考えるようになったのですが、そのためには多くの現場で広く経験を積まなくてはいけないと思うようになりました。
    キャピタルメディカは全国に支援先医療機関があり、幅広く医療に関われると思いました。また、不動産やファイナンス等、医療経営には欠かせない項目ですが、経営者が苦手とする分野のプロフェッショナルが集まる会社なので、それらの知識を習得したいと考え転職を決めました。

  • 病院の中で必要とされる業務すべてに答えを出せる体制がある
    現在はヘルスケア事業本部経営サポート部で、事業計画・資金繰りのモニタリングなどの数値管理や、経営会議・スタッフ会議などの運営サポートを現場の職員の方と共に行っています。また、支援先医療機関の責任者として、医療関連サービスを提供するユカリアサポート部の各担当者と協力し、人事・PM・システムなど周辺業務の改善支援も行っています。医療機器調達やPM・財務など各分野にプロフェッショナルがそろっているので、支援先に対しても「それではこうしよう!」と積極的に提案をしていけます。自分の専門分野では無い部分も、チームで経営をサポートしていくので、業務の中で学べる所が多く面白味を感じています。

  • 病院だけではなく、広く地域やそこに係わる人にまで視点を持つ
    病院が患者さんにとって、地域にとって、働く職員にとって、どのような意味をもつ組織なのかを常に意識しながら、病院=患者=地域=病院職員=会社という構図を頭の中で描きながら働いています。
    医療はヒトの生命を扱っており、経営改善するのにも倫理や建前が存在します。医療現場はいわば聖域のようなものですが、病院を永続させるために聖域に入り込み、医師や看護師など医療従事者と意見を交わします。元々病院事務員なので、医者は神様という風土で社会人として育ってきましたが、現在は医療従事者と対等に仕事でやりあえることにやりがいを感じています。また、 患者さんや地域にも貢献できるところもモチベーションをあげるのに繋がっています。

  • もう一度自分と仕事を見つめるきっかけとなった職場
    キャピタルメディカには、方針・方法を決め、すぐに実行に移すというスピード感があふれています。明確な、自分の意見や考えがないと通用しないため、かなり厳しい場面もありますが、きちんとした根拠があれば、自分の意見も採用してくれます。仕事の質にとことんこだわる環境で業務にあたることは、もう一度仕事のやり方や考え方を見つめるきっかけにもなりました。仕事を離れれば、居酒屋会議等の社内交流制度があり、メンバーとコミュニケーションを取ることができたり、クラブ活動や福利厚生が充実しているので、仕事以外の楽しみも増えました。
Capital Medica