Capital Medica

JP

EN

社員紹介

ヘルスケア事業本部 人事労務担当Yuichi O

広い視野から仕事をしたい人には
良い会社ですよ。

  • 自分でリスクヘッジできる環境を求め
    設立2年のキャピタルメディカへ
    20 代後半の頃、社労士事務所に5 年在籍していました。いわゆる中小零細企業ばかり80社ほどを担当していましたが、信じられないレベルの労務問題を解決しなければならない事案も多く、自然に「法的なグレーゾーン」を見極める目が養われました。
    その後、上場企業2 社において、人事のみならず、上場後初の株主総会も関与しており、幅広い経験ができました。そしてIT ベンチャーにて1 年勤務して、会社が事業閉鎖…。さらに転職した会社も1 年強で事業に行き詰まり破綻…。そういうこともあり、自分でリスクヘッジできる環境の会社として、設立2 年程度だったキャピタルメディカを選んだわけです。

  • コンサルタントではなく
    人事部長に近い立ち位置で全般を見る
    人事労務全般…としか言いようのない仕事です。例えば、なかなか人員数が増えない医療機関がある場合、どこに問題があるのかを考えることからスタートします。採用活動なのか、給与水準なのか、評価制度なのか、管理職の能力なのか、個人の相性なのか、組織的な話なのか…。そうやって根本的な問題を解決しなければ、同じ事の繰り返しになります。そのため、あえて「全般」を見るようにしています。コンサルタントではなく人事部長に近い仕事かもしれません。

  • 広い視野から仕事をしたい人には好環境
    最低限度のスキルや知識は必要ですが、ある程度、好きにやらせてくれる雰囲気はあります。
    サラリーマンなんですが、サラリーマンではない感じ、というか…。
    自分で仕事の段取りをキチンとつければ、あまり細かい指示は受けません。狭い範囲の仕事ではないだけに、広い視野から仕事をしたい人には向くでしょうけれど、逆に決まった仕事をしっかりこなすタイプの人は苦労するかもしれません。

Capital Medica