Capital Medica

JP

EN

社員紹介

ヘルスケア事業本部 情報システム管理サポート担当Koji S

自身で提案し、
実際にやり切れることが魅力です。

  • 医療業界のIT化を促進させたい
    前職は外資系企業にてシステム開発、サーバー保守、ホームページやIT系のコーディネーターを主に行っており、システムアーキテクチャーとしても活動をしていました。
    医療業界のIT 化を促進させたいという想いと、キャピタルメディカにとって初めてのシステム業務担当の採用が私であり、ゼロから業務を構築し、それを実行していくということにやりがいを感じ、入社を決意しました。

  • 複数の関係者の意見をまとめ上げ、形にする
    医療機関の経営会議などに提案し承諾された機能やサービスのシステム導入を実施しています。主に電子カルテシステム等です。システムは導入すれば終わりではないので、動くシステムであるということを大事にしています。その為、実際にシステムを利用する医療機関の方々やシステムベンダーの意見をまとめ上げ、それが一つの形になり業務が始まると充実感があります。
    一社のシステム担当だとその会社のことしかわかりませんが、キャピタルメディカでは、複数の支援先医療機関の「情報システム部」を理解できる立場であることも面白いと感じています。

  • やると決めたことはやりきることが出来る風土
    キャピタルメディカの魅力は、やってみて、失敗できることだと思います。しかも、やると決めたことは、あらゆる手段を駆使し、やりきることができます。
    実際にシステム導入支援業務だけではなく、範囲を広げ、クリニック新設に伴うインフラから導入や新規事業のシステム開発なども実施しています。
    もちろん責任も伴うのですが、自身で提案し、実際にやりきれることは魅力です。失敗したことについても、また、次のチャレンジの場もある、そんな風土です。

Capital Medica