地域包括ケア対応コンサルティング

医療・介護現場を知っているからこそできる機能回復と医療対応に特化した施設運営

キャピタルメディカの100%出資子会社(株) NCMでは、医療対応型サービス付き高齢者向け住宅を岡山市東区で運営しています。
定員60名、平均介護度4.5、経管栄養・喀痰吸引が必要な方の割合53.6%。オリジナルプログラム「活性化ケア」により、機能回復した利用者さまの在宅復帰率は51.7%となっています。

現場での実務を行っているスタッフがハンズオンでコンサルティング

1. 医療対応型住宅施設の開設支援

医療的な対応が必要な方を中心とした、入居系施設の事業計画作成から開設後の運営オペレーションまでコンサルティングを行っています。開設後もオペレーションに必要なケアプランの作成や、運営指標のアドバイスを行います。

2. 既存施設のコンバージョン

既存の施設での機能転換をサポートします。
オリジナルプログラム「活性化ケア」をベースとした機能改善(リハビリ)と、多職種連携の仕組み構築、及び業務分析による生産 性の管理と最適人員配置の算出を行います。

3. 在宅での医療的ケア及び「活性化ケア」の導入

私たちが運営する「サービス付き高齢者向け住宅 アップルウッド西大寺」では、医療対応型住宅施設や重度化対応に必要な「喀痰吸引・経管栄養研修」事業を行っています。またオリジナルプログラム「活性化ケア」による利用者さまの機能回復、地域の急性期病院との連携や在宅医との連携も行っており、具体的な事例やノウハウの提供が可能です。

「活性化ケア」とは?

利用者さまの機能改善を目的としたオリジナルプログラム

重度要介護・寝たきり状態から坐位・立位での基礎体力回復を図ることで、日常活動・集団 適応性を可能な限り向上させることを目的とした多職種協働・連携で行われるケアです。
2016 年の「AAIF Ageing Asia Innovation Forum」のリハビリテーション部門で、「活性化ケア-Revitalization」は最優秀賞を受賞、在宅施設部門でもファイナリストに選ばれました。

サービスに関するお問い合わせ