【コーポレート】北島康介氏との「BBB(ビルド・バック・ベター)認定証」贈呈式イベントレポート

2020年07月08日

2020年 6月 18日 木曜日 オンライン会見

 2020年 6月 18日、キャピタルメディカはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策に関するアドバイザリー契約を締結した、北島康介氏が代表を務めるスイムトレーニング施設『AQUALAB』に、オンライン会見にて「BBB(ビルド・バック・ベター)認定証」を贈呈しました。

『BBB(ビルド・バック・ベター)認定証』とは

 
BBB認証盾
「新型コロナ トータルサポート」サービスにてガイドラインを策定頂いたクライアント様に発行させていただいている認定証です。

 ●「BBB」とは、Build Back Betterの頭文字を取ったものであり、「よりよい社会の再建」を意味します
 ● 認定証はキャピタルメディカが監修したガイドラインを遵守する組織・施設であることの証明となります

『AQUALAB』は「BBB認定証」発行の第1号となります。

 
「BBB認定証」を贈呈する西村取締役医師
 
 会見はキャピタルメディカ 代表取締役 古川 淳と北島 康介氏の挨拶に続き、キャピタルメディカ 取締役 医師 西村 祥一より、『新型コロナ トータルサポート』について説明させていただきました。
 当社はCOVID-19の感染拡大の際に民間3病院のコロナ病棟開設および運用のコンサルティングを請け負い、早期の陽性患者受け入れに寄与しています。その知見を広く社会に役立てるため、東京をはじめ各地で経済活動の再開に向けて動きはじめていた5月下旬よりサービス提供を開始しました。
 クライアントさまの特性・状況に適合したガイドラインの策定と運用支援をサービスの軸としていて、今回も医療スタッフが『AQUALAB』へ視察に伺い、オリジナルのガイドラインを策定させていただきました。
 「プールは基本的に水質管理が厳しいので、プールそのものについては問題ありません。ただトレーニング施設は受付やロッカー室、ビート板など共用のスペースや道具が多いので対策を盛り込んだガイドラインをイチからつくりました」と西村医師。
 現在『新型コロナ トータルサポート』は複数、それぞれ業種の違うクライアントさまともガイドラインの策定を進めています。そのガイドラインを遵守する施設の第1号として、贈呈式では西村医師から『AQUALAB』さまに『BBB認定証』を贈呈しました(上写真)。
  
「BBB認定証」を受け取った北島康介 氏
 
 認定証を受け取った北島氏は、「施設の再開を考えながらも、何が正しいのか専門的な知識がなく判断が難しいことがありました。今回キャピタルメディカの『新型コロナ トータルサポート』を導入することで、実際に現場で利用者さまと接する指導者が感染症対策に関する医学的知識を持つことができました。当施設の利用者さまに安心を提供するのはもちろんのこと、今後も安心・安全にスポーツができる環境を取り戻すためにキャピタルメディカさんと協力していきたい。」と訴えられました。

当日のプレスリリース >> https://capimedi.com/202006181pr/

 
 

新型コロナ トータルサポート

COVID-19対策アドバイザリーサービス
ガイドライン策定のキーワードは『運用可能な範囲で』、『過剰にやりすぎない』。事業に与えるインパクトを最小限としたガイドラインを策定可能です。
その他、医療的リソースを最大限に活用したサービスをご提供致します。

URL:https://capimedi.com/bbb/
 
 
 
 

PDF