【病院経営サポート】平病院(岡山県和気郡)が川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科とのコラボレーション企画『壁面アートプロジェクト』、『中学生向け心肺蘇生法トレーニング』を開催

キャピタルメディカの支援先である「医療法人 平病院」は『壁面アートプロジェクト』および『中学生向け心肺蘇生法トレーニング』を開催、どちらもメディア取材が入り盛会でした。

◎壁面アートプロジェクト

 日本で唯一の医療福祉デザイン学科を持つ川崎医療福祉大学とコラボレーションし、卒業制作の一環として、平病院のナースステーションやエレベーターホールの壁面にアート装飾を施しました。
 制作には学生の他に、平病院の患者様とスタッフも参加しました。
 その様子は11/30「テレビせとうち」のニュースにてご紹介いただきました。

詳細はこちら(平病院HP)からご覧ください。

◎中学生向け心肺蘇生法トレーニング

 11/28、和気町立和気中学校2年生約90名にむけた救命講習会を行いました。
 平病院では特定非営利活動法人 NPO 救命おかやまと共に、約10年前から地域の小学校高学年以上の誰もが一次救命処置とAEDの使用ができることを目標に講習会を開催しています。
 当講習は事前に講習を受けた和気中学校保健委員が他の生徒を指導する形で進行、中学生同士が指導し合えるようことを目指しています。
 講習会の様子は11/29「NHK」ニュースで紹介されました。

心肺蘇生法講習会

平病院