住宅型有料老人ホーム「かんなの里」12月1日オープン

2018年 11月28日
株式会社キャピタルメディカ

沖縄県宜野座村「医療法人ユカリア沖縄 かんな病院」が手掛ける住宅型有料老人ホーム
「かんなの里」12月1日オープン
キャピタルメディカのオリジナルリハビリプログラム「活性化ケア」を導入

 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川 淳)の支援先病院「医療法人ユカリア沖縄 かんな病院」(以下、かんな病院)は、住宅型有料老人ホーム 「かんなの里」を2018年12月1日(土)に開設します。
 

 
「かんなの里」は沖縄本島北東部に位置する「かんな病院」に併設して建設される医療対応型の住宅型有料老人ホーム。「かんな病院」や他の医療機関と連携して高度な医療的介護を提供します。さらにキャピタルメディカグループが提供するオリジナルのリハビリテーションプログラム「活性化ケア」を導入し在宅復帰支援をサポートします。
 このように医療・介護・リハビリの各サービスを継続的に提供する体制を整え、利用者が住み慣れた地域において、安心・安全・安定が守られた環境の中で一貫したサービスを享受できる施設運営を目指します。
 
【かんなの里】
所在地     : 沖縄県宜野座村字漢那471番1
総戸数・定員  : 48室・48名 
敷地面積    : 1,444.13㎡
居室面積    : 13.198㎡以上
価格帯     : 月額利用料15万5千円
ホームページ  : 住宅型有料老人ホーム かんなの里
 
 
■ 活性化ケア

「活性化ケア」は、キャピタルメディカグループの株式会社NCMが提供するオリジナルリハビリテーションプログラム。
 日中6 時間以上の目的ある離床活動と残存機能強化型リハビリテーションを行い、日常生活動作(ADL:Activity of Daily Living) の回復、寝たきり予防、または状態の悪化を防ぐケアです。 理学療法士(PT:Physical Therapist)の評価に基づいて個々人のレベルにあった目標を設定し、専門の訓練を積んだトレーナーが行うリハビリテーションにより、身体能力の回復、寝たきり予防または状態の安定を図ります。
 
 
 
 
【医療法人ユカリア沖縄 かんな病院】
所在地     : 沖縄県国頭郡宜野座村字漢那469番地
病床数     : 104床
診療科目    : 内科、外科、小児科、整形外科、泌尿器科、消化器内科、脳神経外科、眼科、皮膚科、
          循環器内科、リハビリテーション科、
          人間ドック、一般健診、甲状腺外来、糖尿病外来、訪問診療・看護
ホームページ  : 医療法人ユカリア沖縄 かんな病院

PDF