Capital Medica

キャピタルメディカ、ヒューリック株式会社と資本・業務提携契約を締結

2015年01月28日

株式会社キャピタルメディカ
代表取締役 古川 淳


キャピタルメディカ、ヒューリック株式会社と資本・業務提携契約を締結
北海道札幌市で開発型の病院不動産流動化を実施



株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川 淳)は、ヒューリック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西浦 三郎)と資本・業務提携契約を締結いたしました。このたびの資本・業務提携に伴い、ヒューリック社は、当社の発行済み株式の約3%を取得しております。

■資本・業務提携の目的

当社は、病院運営に関する業務受託、医療周辺業務サポート、高齢者住宅の運営などヘルスケア関連の幅広い事業を展開しています。近年では、病院の施設更新需要や高齢者住宅の新設需要などヘルスケア関連施設の不動産関連ニーズが急速に高まりを見せております。このような環境に迅速に対応すべく、当社は不動産関連ビジネスにおいて豊富な実績を有するヒューリック社と資本・業務提携を行うことといたしました。

不動産の開発に豊富や実績及びノウハウを有するヒューリック社とヘルスケア関連施設のオペレーションノウハウを持つ当社との提携により、ヘルスケアリートに代表される直接金融等の資金をヘルスケア施設開発に 活用するストラクチャーを構築し、病院及び高齢者施設運営側の資金調達の選択肢をさらに増やすことができるものと考えております。

■資本業務提携の内容

(1) 相互のノウハウ及びネットワークの提供

(2) ヘルスケア関連不動産への投資・開発に係る協業

(3) 医療法人や金融機関等に対する共同提案等による案件発掘、等

■病院不動産(新設病棟)の開発型流動化

両社による初の取り組みとして、当社が支援する豊和会が新設する病棟の開発と保有をヒューリック社が行うこととなりました。新設される病院(「新札幌豊和会病院」)は当社が賃借人となり、豊和会に転貸いたします。併せて 当社は豊和会への経営支援を行い、病院運営が安定する3~5年後に購入する予定です。新札幌豊和会病院開設後、現在の豊和会札幌病院は高齢者住宅(38室、2015年6月開設予定)を併設し、高齢者への医療、看護、介護が提供できる体制を整えます。

豊和会は、一部病棟が築45年を超えることで新病棟開発が急務でした。本件により、消化器外科領域や化学療法を中心としたがん診療を提供する体制を整備することができ、医療機能の強化を実現しております。

病院施設は、都道府県ごとに病床を規制するようになった第一次医療法改正の1985年以前に増築、建設を行なったものが多く、今後、築30年を超えた施設の建替えニーズが増加すると考えられます。本件に代表されるように、ヒューリック社との提携により、運営側のさまざまなニーズに応えるサービスの提供が可能となります。

【新札幌豊和会病院】 (2015年4月1日開院予定)

所在地: 北海道札幌市厚別区大谷地東2‐5‐12

診療科: 内科、外科、消化器内科、消化器外科、

乳腺外科、大腸・肛門外科、循環器内科、

腫瘍内科、腫瘍外科、麻酔科、人工透析

外科、ペインクリニック外科

病床数: 105床

ホームページ: http://houwakai-sapporo.jp/shinsapporo.html

豊和会病院外観パース1.20濃い_small豊和会病院待合室パース1.20_small

【豊和会札幌病院】

所在地: 北海道札幌市豊平区豊平5条2‐3-7

診療科: 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、病理

診断科、外科、整形外科

病床数: 35床(2015年4月1日以降)

ホームページ: http://houwakai-sapporo.jp/

【ヒューリック株式会社】

所在地: 東京都中央区日本橋大伝馬町7‐3

事業内容: 不動産の所有・賃貸・売買ならびに仲介業務

資本金:  222億79百万円(2014年6月末現在)

ホームページ:  http://www.hulic.co.jp/

【株式会社キャピタルメディカ】

所在地: 東京都港区虎ノ門1丁目2-3 虎ノ門清和ビル10 階

事業内容: ヘルスケアセクター向け経営支援業務

資本金: 13億55百万円(2015年1月現在)

ホームページ: http://capimedi.com/

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社キャピタルメディカ 経営企画部 中村健太郎  電話番号  03-5501-2271

PDF

Page Top