Capital Medica

第7回 フレンドシップ・ミーティング開催報告

2012年06月18日

株式会社キャピタルメディカ 

代表取締役 古川 淳

 

第7 回フレンドシップ・ミーティング開催報告

 

 

 2012年6月10日(日)に第7回フレンドシップ・ミーティングを開催いたしました。

 

 今回も全国から当社と協業する病院の理事長、院長を始め様々な部門からご出席を頂き、病院相互に交流すると共に、事例を通した問題意識の共有を図りました。 

 

 今回主なテーマを「高齢者と向き合う医療・介護のあり方」として、議論を進めさせて頂きました。パネラー病院の皆さまから各病院の現状、課題、今後の取組についてプレゼンテーションを頂き、引き続きそれぞれの病院の現状や取組への質問をディスカッション形式で進行しました。高齢者に対する医療提供については、参加された病院の中でも共通した課題であり、今後各病院の取組がどの様に進行していくかを情報発信していくことになりました。

 

 その他、賢人会議の取組として、日常の診療の中で生じる、データを集約し活用する取組について発表がありました。賢人会議の目的は、① 医療・医学情報の発信、② 目的のある医療業務の推進(業務の効率化)、③ 医療賢人の育成を目指した取り組みをしていくことです。それぞれ、診療の視点から客観的に病院を俯瞰することで、より質の高い医療の提供を目指します。

 

 今後も病院間の交流、情報交換を活発に行い、医療経営・運営の高度化を目指しフレンドシップ・ミーティングの運営を実施していきたいと考えております。 

 

【参考資料】

資料:岡山西大寺病院の事例
資料:平病院の事例

 

【お問い合わせ先】

キャピタルメディカ 経営企画部 遠藤 寛子 
電話番号 03-5501-2271 

PDF

Page Top