Capital Medica

医療機関向け集中購買事業の立上げ

2008年11月07日

株式会社キャピタルメディカ
代表取締役 古川 淳

 

医療機関向け集中購買事業の立上げについて

 

 株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、以下「当社」という)の 100%子会社、株式会社ライラックメディカル(本社:北海道札幌市、以下「ライラック」という)は医療機関向け集中購買事業を開始しました。

 

 事業開始後、順調に取り扱いを増やしており現行の売上高で約 30 億円規模のオペレーションを実現しております。

  

 この取組により、医療機関においては医業原価の削減が実現しております。一方、納入事業者においても、取扱金額の増加や信用リスクの低減を図ることが可能となるなどのメリットを享受できる仕組みとなっております。その取り組みについて下記にご報告差し上げます。

 キャピタルメディカは、医療機関経営の高度化支援を事業の柱としておりますが、経営支援ツールの一環として、医薬品・医療材料・高額医療機器の集中購買事業を、子会社であるライラックにて開始しました。これまで、医療周辺事業者などにより集中購買の取組が試されてきましたが、仕入先との関係構築や参加する医療機関の情報開示など、様々な障壁によりその事業のすべてが有効に機能しているとは言いがたい状況でありました。

 

 本件は、当社と医療機関との強固な関係を背景として「機能する集中購買の仕組み」を実現しておりますが、その特徴として以下の 3 点を挙げさせていただきます。

① 取扱品目毎の単価ベンチマーキングの実施
 各医療機関の取扱品目・取扱数・納入額を把握・分析することにより、エリア特性も加味したベンチマー

 キングを実現しています。
② 当社による信用補完
 医療機関または納入事業者のリクエストなど必要に応じて、その取引関係がより安定的なものになるよう

 キャピタルメディカが信用補完をさせていただきます。
③ 支払サイトの調整
 ライラック内の資金管理や上記の信用補完を通じて、超長期化した支払サイトや現金払いなどを可能な
 限り解消しています。 

 今後より現場に根ざした医療機関の経営高度化を目指すために、ライラックにおける取扱品目の増加、提供
サービスの多様化を図る予定でおります。

 

 

【お問い合わせ先】

キャピタルメディカ  社長室 中村 健太郎 
電話番号 03-5501-2271 

PDF

Page Top