Capital Medica

ヘルスケアベンチャーの
投資育成&事業開発 Corporate Venture Capital

グループ病院をテストフィールドとすることで、
事業PDCAを促進させ、共にイノベーションを
起こします
これからの医療介護にとって、
IoTやAIなどを用いたイノベーションは不可欠になると思います。
そして、イノベーションは、より良い世界を創ろうと志した起業家の皆さんに手によって作られるのだと思っています。

こんな声をたくさん耳にします。
病院や介護施設に対して、テストマーケティングとして
無料導入を提案したけど、相手にされず、アポイントも取れないから、サービスのPDCAサイクルが廻らない。
保守的だなぁ。と...

でも...

地域の医療を守る病院や施設にとっては、
バグがあるかもしれない商品を、とりあえず、で使うことはできないのです。
製薬会社も簡単に広告費を払うことは出来ないし、
医師を始め医療従事者は、患者様の命を預かっているから、
リスクは極力排除するし、お仕事のプロセスを変える事にとっても慎重なのです。

医療の現場も、起業家も、より良い医療や介護を創りたい。
その想いや志は、同じなのに・・・

私たちがキャピタルメディカ・ベンチャーズを立ち上げたのは、
皆さんの想いが上手くマッチするように、
ヘルスケアでイノベーションが生まれる「在るべき姿」を創りたい
と考えたからなのです。

キャピタルメディカ・ベンチャーズ

設立
2016年11月11日
資本金
1,000万円
代表取締役
青木 武士
主要株主
株式会社キャピタルメディカ(100%)
事業内容
ベンチャー投資育成事業
勉強会、セミナー運営 等
投資金額
1千万円~数億(当社グループとの関わりの深さを重視)
投資対象
  • - ヘルスケア領域(医療、介護、予防、健康、 審美など)
  • - 事業内容は問いません
  • - 商品やサービスのプロトタイプ(モック)を持つアーリーステージからPreIPOまで幅広く(アイデアや企画のみの場合は対象外)
お問い合わせ
info@capimedi.com

医療周辺事業一覧に戻る

Page Top