Capital Medica

社長メッセージ Message from the President

この数年、病院経営の高度化は、医療費削減の観点から急務とされてきました。多くの病院や周辺事業者が真摯にそれに取り組み、一定の成果を上げているように見受けられます。一方で、なかなか経営改善を図れない現実も散見され、我々も経験を積めば積むほど病院経営の難しさを実感しています。

病院経営は、病院が社会基盤を構成する非営利事業であるという関係者の意識や、職員の日常業務を結果である業績に紐付けるのが難しいなどの特殊性もあり、将来ビジョン/事業計画/行動計画/実績評価のサイクルが一般事業法人とは明らかに異なるものになると考えています。

例えば、病院経営にとって最も大切なことは何か。株式会社であれば煎じ詰めると株主や従業員の利益の最大化ですが、病院の場合は永久に医療サービスを提供していく「永続性」であると考えています。大きな利益を出すことより、地域で必要とされる医療サービスを適切に提供していくことが重要であり、それが自身の存在価値を高め、しいては永続性につながっていくと考えています。

一方で、永続性を獲得するための経営手法や組織運営は日々試行錯誤を繰り返しながらも進歩すべきものであるとも考えています。技術革新含めた社会環境や人々の意識の変化に伴って、働く職員の方々の職場環境・患者さんの医療へのアクセス・連携する病院間の機能分化による効率化が劇的に向上するからです。

また、どんなに優れたビジョン/計画/アクションプランも、それが実行されないと意味がないと考えています。それらが組織の中に浸透し、各職員が高いモチベーションでやるべきことを実践している。組織を目指す方向に導き、動かしていく実行段階でのご支援を考えると、私どもは医療現場に根差し、病院経営陣とともに結果の責任を負うことが必要であると考えています。 Capital Medicaは、本当の意味で良い病院とは何か、どうあるべきなのかを病院と一緒に考え、それを実現していきたいと考えています。

代表取締役 古川 淳

Page Top